津田美智代の芯体操 Shin Experiences

体験談

HOME > インストラクターコラム

  • HOME
  • 芯体操とは
  • 芯体操だより
  • インストラクターコラム
  • ギャラリー
  • 各教室情報

白寿                         経広 順子

 友達から「今日お義母さんの100歳のお誕生日です。「今からお祝いの料理を準備しまーす。」とグループラインが入りました。みんなそれぞれに「すご〜い!おめでとうございます!」「みんなの目標にしたいね」「あやかりたいね」とおめでとうメールが飛び交いました。
 お義母さんは今も現役で金物屋さんの店番を毎日任され、お会計も間違うことなく、お店の片隅で小物作り(フェルト人形やキューピー人形の服作り)をして、お店の中は手作りの作品がいっぱい飾られています。なんと眼鏡もかけずに制作されている姿を見ていたので100歳と聞きびっくりでした。食事も家族と同じものを好き嫌いなくしっかりと食べられ、2年前ぐらいから杖を突かれるようになられたそうですが自分の事は自分でされるようで助かるわと友達も喜んで話をしてくれます。 ただ、お義母さんのお友達が次々亡くなられ、お店でのおしゃべりが出来ない事が淋しいとこぼされるそうです。
「人生100年時代」健康に問題なく日常生活も自分で出来、理想的です。
変わらず元気で店番をされている姿を見てパワーをもらえそうです。

このページの先頭へもどる

体は正直                        岸上 裕子

 妊娠してから、つわりと眠気で土曜日に自分のために行っている木幡教室になかなか行けずにいます。自分なりあの手この手と頑張ってはいるものの体がこれでは物足りないと訴えます。教室に行くことができた時は、体のスッキリ感とその後の体の動かしやすさの違いを感じ、つくづく体は正直だと思います。
 3歳の娘も「かあちゃん たいそういくの?」「たいそう いこっか!」と言うようになったので、
自分のために、お腹の子ために、体を奮い立たせて、教室にできるだけ行こうと思っています。

このページの先頭へもどる

気づき                       吉川 康子

 先月の勉強会で、パーフェクトの側屈からの回転部分を、丁寧にご指導いただきました。津田先生の言われるとおりに、後ろに引いた足を、もっと!もっと!もっと!引いたら、クルッと回れたのです。自分のなかでは引いているつもりでも、回転するには、しっかり引き続ける事で身体のなかが繋がり、クルッと回れるという事を理解しました。一つ大きな気づきを与えて頂いたことは有難く嬉しかったです。私は、このパーフェクトの芯呼吸運動がとても好きです。曲と呼吸、運動の融合で、心と身体が、ふあ〜っとなり、気持ちの良い空間に導いてくれるからです。

このページの先頭へもどる

お手玉                       大石 百合子

お手玉のリズムが、ずっと課題です。投げるだけでなく、右、左と交互に。さらに曲に合わせて、
リズムにのって、膝のクッションもつけて。
 今!毎回のようにレッスンで取り組まれているお手玉。苦手だなという意識から入ってしまいます。曲は、AQUAのリズミカルな曲。身体が思うように芯リズムをつかむことが出来ず苦労しています。でも、苦手だからとしないのではなく、苦手だから何度も取り組むことが必要だと感じます。生きていく身体にとても大切な感覚です。
苦手が、好きになるように、今日も右、左、膝のクッション!

このページの先頭へもどる

妖精の真実                      松本 左千代

 “銀幕の妖精”の真実に迫る初めてのドキュメンタリー、という映画「オードリー・ヘプバーン」を観ました。 かって「ローマの休日」や「ティファニーで朝食を」で彼女の姿に心ときめいたが、その後彼女を銀幕で観る機会はなく、1993年彼女がこの世を去ったニュースを目にした時、晩年ユニセフ国際親善大使の活動に尽力していた事を知りました。
 今回の作品で彼女が生きるために親善大使であることが必然であったと描かれていました。強くて優しくて、愛を求めていた女性。
 機会があれば、少し真実が見えた”銀幕の妖精”に逢うため又映画館に足を運ぼうと思う。

このページの先頭へもどる

気持ちのよい呼吸を目指して             須藤 由香

 『健康』とは『全体である』を定兼先生のご提案で、読み返してみました。
呼吸の項目で、『宇宙と息を合わせる』と書かれています。そこには、息を吐くたびに、『宇宙がわたしから息を吸いこんでいる』とイメージすることを教えて下さっています。
そのことをイメージして息を吐くと、身体の中から伸びる感覚がとても気持ちいいことを分かり始めました。 そのことを意識するうちに、呼吸も、心地よく力まずにしなやかにできたらいいのになと思いました。

このページの先頭へもどる

                         井口 三栄子

 探し物をしていたら小学生から高校生までの成績表がでてきました。先生のコメントを読むとおとなしくて真面目な努力家、消極的と書かれています。
 あれから十年今の私は、おしゃべりになり真面目な努力家だったのに年齢のせいにして怠ける事が多くなっています。
 長年、芯体操を先生に教わってきましたが先生方の情熱には頭が下がります。子供の頃に戻り少しでも成長する自分にと反省しました。

このページの先頭へもどる

夏支度はじめました                   渡邊 栄子

 気象庁によると今年も猛暑日や真夏日が多く暑い日が続くとのことです。ちなみに猛暑日は気温が35度以上、真夏日が30度以上、夏日は28度以上と区別されているそうです。
猛暑日や真夏日の暑さ対策として、我が家では外見はすこぶる悪いのですが、一階にはすだれとサンシェードの二枚重ねで垂らし、二階の窓には二重にしたサンシェードを取り付けました。
この後はリビングに夏用の絨毯と扇風機を用意して、すいかを買いに行きます。
これが我が家の夏支度です。

このページの先頭へもどる

奈良大仏殿                      定兼 信子

 連休前の4月下旬に東大寺に行ってきました。奈良公園内は視界に入る全てが若緑に彩られ、東大寺に向かう通りには土産物店がたち並び、多くの修学旅行生の楽しげな会話に皆が笑い、鹿がせんべい貰えるのかなぁと寄ってきたりとコロナを忘れる情景でした。
 南大門で胸筋ムチムチの金剛力士吽形・阿形のにらみに一礼して門をくぐると、目の先に世界最大級の木造建造物金堂があります。
 その圧倒的な大きさを見て、中の大仏さま(盧舎那仏)を見上げた時、ふんわりと包み込まれたように体が温かくなる感覚がありました。
 奈良時代の建立から自然災害や戦火などをくぐり抜け、その都度再建されてきたのは、それに奔走した人々の熱い思いと、それを支える人々の信仰があったからだと思います。時代時代の安心安全を求める心の拠りどころが必要とされたのではないでしょうか。
 なお大仏さまの主なご利益は「無病息災」と「安産祈願」だそうです。

このページの先頭へもどる

土曜日の午後に                    大石 恵

 我が家の小さな庭、スパニッシュビューティ(一季咲きのばら)の花がすべて散りました。2、3輪のつぼみが膨らみ始めた時から一カ月以上です。次々と咲き誇っている時の花々の美しさもさることながら、色があせ始めた花に濃いピンクの蕾、うつむきかげんに開き始めた花にこれでもかと花弁を波打たせている花、花々に表情が出てきた時がとても好きでした。
 右隣のご主人が、「娘が家内にお隣のばらが綺麗だと話してましたわ」と声をかけてくれました。奥様は、昨年、大病されましたが自転車で買い物に行かれるのを見かける程回復されていました。それが突然、「2週間ほど前に黄泉国に行ってしまいました。」とおっしゃるのです。あまりのことに「何故‥?」と尋ねてしまうと「思い出してしまうので‥また」と涙を浮かべていらっしゃいます。ご近所さん一緒に歳を重ねています。死というものを自分自身に起こるものと感じました。
 木幡のお教室には、80歳過ぎて新入会された方、子育て真最中のお母さんに妊婦さん。そして何年も一緒に津田先生のレッスンを受けてきた仲間がいます。毎週土曜日、木幡芯スタジオで津田先生にエネルギーを頂きながら学び、「あー、楽しかった」と言えることが、とても幸せです。そう、そうですね、津田先生が、「生きることの先に死がある。」とおっしゃっていましたね。死を意識した今こそ、芯体操で楽しい日々をしっかり生きていこうと強く思います。

このページの先頭へもどる

カタカナに弱い私                   持永 洋子

 最近NHKのニュースや新聞にもカタカナ語が良く使われています。先日ある雑誌の付録にカタカナ語辞典というのがありました。あのアーカイブからワンボイスまで502語収録とされています。
 勿論、なかには知っている一般的なものもありますが、ラインとは線かな・・・?!いやいやスマホのラインの事です。YouTubeもアメリカのYouTube社が2005年から提供を開始したもの。メルカリも2013年に日本のメルカリ社がサービスを開始したもの、殆どがスマホ向けだそうです。バズルとかデジタルプラットフォーム等インターネット上が多く、グーグルで検索することをググると言うそうです。コスパも費用対効果のバランス良くする事でコストパフォーマンスの略です。益々わからない世代です。目下この辞典と向き合っている私です。

このページの先頭へもどる

                          圀府寺 弘子

 毎日のレッスンは新しい発見や気づきがあります。身体の使い方をお伝えする難しさはそう簡単にいかず、その度に見直すなど先生のレッスンそのままとはいかず、自分で納得いくように出来ないことも多いし色々悩みも尽きません。
 そんなこの頃ですが、チャコットさんの新作ウエアはそんな気持ちを切り替えるチャンスかなと思うのです。似合うかどうかは来てのお楽しみ。素材や着心地もカタログだけでは分かりませんが、レッスンに着て行くととにかく目新しいので、生徒さんも目ざとく気づかれます。そして「私も欲しい」と言ってくださいます。こんな時だからこそ。身体を使い動くと、リラックス出来て、ファッションを楽しむ気持ちにもなれて心も軽く晴れやかになります。

このページの先頭へもどる

                           竹原 響子

 いつもお休みの日は家族で公園や川に遊びに行ったりすることが多いのですが、今日は一日、家の中の大掃除をしました。カーテンを洗ったり普段できていない場所をキレイにしたり、布団や服の衣替えをしたり。朝から夕方まで、洗濯機も体もフル活動です。家をキレイに保つことも、心身をいい状態で過ごすこともとっても大事なことで、エネルギーが必要ですね。大掃除の後はお風呂に入って体もすっきり。家もすっきりキレイになって、また気持ちよく過ごせそうです。

このページの先頭へもどる

天使の訪問                     上林かつ恵

 次男が結婚3年目にしてやっと昨年9月に子どもを授かりました。コロナ渦での妊娠・出産は今までにない不安や心配もあったので、喜びも感謝も大きかった気がします。
 会うことも儘ならない中、ゴールデンウイークに初めて我が家に来てくれました。私は昨年十一月会いに行きましたが、孫にとっては八時間かけての初めての遠出のドライブになります。周りの心配をものともせず、出迎えた時には、満面の笑顔で返してくれた孫は、まさに天使そのもの!今勢いよく芽吹いている新緑のエネルギーと重なり、小さな孫にもたくましい生命力が漲っているように思いました。よく食べ、よく眠り、よく遊び、よく笑う・・・こんな普通のことに癒され、幸せを肌で感じることができました。ビデオ通話では味わえない喜びですね。只々健やかに成長してくれることを心から願います。
そして世界中の人々が笑顔になれることを祈らずにはいられません。

このページの先頭へもどる