津田美智代の芯体操 Shin Experiences

芯体操だより

HOME > 芯体操だより > 2008年9月号

  • HOME
  • 芯体操とは
  • 芯体操だより
  • 体験談
  • ギャラリー
  • 各教室情報

2008年9月号

集する力芯体操代表 津田美智子

  何なんだろうこの感覚は…?
  大学で「コンストラクション」(鉄板の溶接で作品をつくる)のスクーリングを受けた時と、同じような感覚を、「銅版画」の授業でも体感した。 朝の9時か ら夕方6時過ぎまで、昼休み以外は殆ど、休みなしで集中する。
内容は違えども何かを作るために、ひたすら集中して得る体験により私の内部で何かが生まれる予感がする。わずか、3日間であるが故に、貴重な時間であっ た。
  ご存知の方もいらっしゃると思うが、銅版画を作るのには直接法と、間接法がある。今回行ったのは間接法であり腐蝕液(塩化第二鉄)につけて、腐蝕させ、版 に凹みをつける技法である。灯油、ガソリン等も使うので、結構大変な作業だ。インクや油にまみれて最後に、プレス機を通して摺りあがった作品を版から剥が す時はドキドキする。
  今まで、北斎や歌麿の浮世絵を素晴らしいと思ってきたが、彫師、摺り師の影響が多大であるということを思い知らされた。この力がなければ、いくら絵を描い たとしても完成は、見ない。現代作家でもこの2者に頼っている人は、頼めなくなれば、作品が生まれなくなる。いかに腕の立つ彫師、摺り師と巡り会うかとい うことだ。しかし、分業があるからこそ、それぞれのよい仕事が生き、良い作品が生まれるのではないだろうか。 一人の力より3倍の力が結集して、傑作が生 まれたのだ。
 芯体操の、身体使いにおいても、二人、三人組みの運動を行うことがある。一人で体感成しえないことがお互いの身体を通すことにより感じることも多い。
これも結集の力である。

このページの先頭へもどる

海外ボランティアを体験した旅

ブエノス・ディアス
ブエノス・ディアス
ブエノス・ディアス

「ブエノス・ディアス!」
  ロバの荷車の上から旅人にも明るく声をかけてくれる。

オアハカ(メキシコ)のサン・セバスチャンでシニアボランティアの友人を訪ね、村まつりに参加し二百人みんなでまつり料理をいただきゆっくりと過ごしまし た。旅人にも優しく子どもたちは大切にされ、昔の日本の姿があり心からくつろげました。
 その次に訪れたグアテマラでは、一日だけ小学校で5年生に「折り紙」「リコーダー」「ぶんぶんごま」の指導と「自分で作った絵本の読み聞かせ」をしまし た。片言のスペイン語で伝えるのは、不安でしたが、助言をしていただきながらやることができました。子どもたちの反応はどれも面白く集中力があり、よく見 て、よく真似て、よく手指を動かしていました。日頃の家事労働で得た力があり、おまけによく歩く生活をしている為か土台がしっかりしているなと感じまし た。又「グアテマラレインボー」という大変鮮やかな色は有名ですが、自然の色がそのまま織物や刺繍に反映された民族衣装にも楽しませてもらいました。多く の子どもたちと仲良くなり、「先生はおこられることがありますか?」という私の創作絵本を気に入って共感してくださった中学の先生との出会いもあり、来た 甲斐があったと思いました。
 この数年間細々と絵本製作や外国語学習を続け、多くの方の支えのお蔭でやっと形になってきたかなという感じです。十年前の私にはとても出来なかったこと です。出発前は腰痛の為に津田先生に体操指導を受け、旅行中にも毎日行い、いつの間にか腰の痛さも忘れていました。これらが出来たのも十年間続けた週一回 の芯体操のお陰です。たくさんのエネルギーを頂き本当にありがとうございました。

このページの先頭へもどる

熱気あふれた山紫公民館祭

第115 上田 銀子
 目標に向かって努力した日々が、とても充実していました。できなかった事も意識することで少しずつ変われたと思います。インストラクターとしては、まだ まだですが、その一歩を踏み出せたことに感謝しています。
第116 秋田 智子
 合格本当に嬉しいです。芯体操と出会い、身体が変化し、インストラクターという次のステップに進めることが何より嬉しいです。これからも努力を重ねてい きます。よろしくお願いします
第117 井口 三栄子
 今まで逆立ちに失敗していましたが、今回成功した事が本当に嬉しかったです。これからもコツコツ努力して、定兼先生に教えて頂いたことを正確に伝えられ るインストラクターを目指したいと思います

このページの先頭へもどる

編集後記

 新たな結集力の誕生ですね これでインストラクターも17人です!実りの秋到来!(ちょっとオーバーかな) 先日風邪をひき、味覚・臭覚がおかしくなり何を食べても美味しくなくツラ〜イ日々でした。改めて健康の有難さを痛感すると同時に、芯体操が出来る幸せに浸 る事が出来ました。  

このページの先頭へもどる