津田美智代の芯体操 Shin Experiences

芯体操だより

HOME > 芯体操だより > 2009年12月号

  • HOME
  • 芯体操とは
  • 芯体操だより
  • 体験談
  • ギャラリー
  • 各教室情報

2009年12月号

芯健康セラピスト講座を開いて芯体操代表 津田美智子

 「芯体操」を知った体は、筋肉を繋ぐことで、体の中をゆるめ本来の体の機能を取り戻すためにどんどん働きかけてくれます。しかし一筋縄ではいかない縮 み、歪みをとるためには、芯マッサージの効果が絶大です。
痛みやさまざまな症状で来られた方は、なかなか体がうまく使えないという場合に、マッサージから入られる方もいらっしゃいます。
そのために芯身自然整体研究所では、芯体操(整体運動、ダンス、ストレッチ、リズム、ウォーキングなど)、さらに芯健康セラピスト協会を発足することと なったのです。
芯体操で感じ続けてきた感覚は、まず自分の体を知ること、そして人の体を客観的に見ることが出来るようになってきます。これが、セラピスト養成では大きな 力となってくれます。昨今、色々な整体教室がある中で、体操とマッサージを互いに作用しまとめているのは、画期的なことであります。体をしっかり熟知した 上でセラピストを目指すことは一番の早道ではないかと考えています。
そんな中で、芯健康セラピスト講座も、残すところ後一回となりました。しっかり手ごたえを感じながら、真剣に取り組んできました。やはり一番難しいのは 「癒しの手」を持てるかということにかかっています。独りよがりであってはならず、いかに癖のないあたたかい手でマッサージできるのかが問われることにな ります。講座を終えて直ぐには分からないことも多々あると思いますが、気がつくと受講前の自分とは違う面を感じられることでしょう。今まで体の外側を感じ ていたのが、ふと体の内と向き合うように成れれば幸いです。私はそれを、宇宙空間と融合する感覚と捉えています。
「芯体操」を続けてこられた貴方に、セラピスト講座は未知への自分に出会える素晴らしいチャンスと成るでしょう!

このページの先頭へもどる

芯健康セラピスト講座に参加して西村智恵美

私が芯体操を始めたきっかけは、今まで、マッサージ、整体、エステを受ける側に立っていて、自分でもやってみたいと思うようになり、又、まわりで腰が痛い とか、頭が痛いと言われると、なんとかしてあげたいと思うことが多々あったことからです。
 ある時、佐藤先生が書かれている本を手にし、整体の指導者教室というのを見つけました。でも東京・・・う〜ん、もっと近くにないのかと探していると京都 にあり、思い切って津田先生に電話をしました。先生の話を聞いていると、セラピストもだけれど、まず自分の体を知ったほうがいいとの事で始まった芯体操で す。自分自身も、六月末にストレスと過労、自律神経の乱れから、過換気症候群の症状がでて、倒れてしまいました。
 体もだけれど、心も、この芯体操への出会いを導いてくれたのだねって話もしました。
芯体操、第一回目何がなんだかわからないまま終わりましたが、なにか清々しく、体が気持いいと実感して帰ったのを覚えています。今も全身の繋がり、人が やっていても、自分がやっていても、繋がっているかどうか分からないのが現実です。芯体操は奥が深い・・・・・
 十一月から、芯健康セラピスト養成講座が、始まっています。三回目を終えて・・・
 聞いたことのない筋肉、骨の名前がいっぱいです。この講座を受けなければ、まず知らないままでしょう。すごいとしか言いようがありません。頭から足の先 までのマッサージ、筋肉の流れを知って奥のほうまで触る。三回目には、オルゴールを、共鳴箱に手を入れての体感をしました。その波動は人によっては足の先 まで伝わってくるらしいです。私の場合、手から肩くらいまでしか伝わってこなかったのですが、なんとも心地いい感じがしました。オルゴールは聴いているだ けでも、気持が落ち着かされます。この波動の感覚で【癒しの手】をつくり、マッサージする。とても難しいことばかりですが、もっともっと多くのことを吸収 し、学んでいきたいのでご指導よろしくお願いいたします。

このページの先頭へもどる

お知らせ第2回芯健康セラピスト養成教室開催

日程 1月7日(木)・1月21日(木) 、2月4日(木)・2月18日(木)
時間 13時30分〜16時30分   
場所 八幡
※今回は受講希望者多数の為、新規受付けは行っておりません
受講希望の方は予約制となっておりますので担当インストラクターを通じてお申し込みください。

このページの先頭へもどる

編集後記

今年も残すところ僅かとなりました。一年を振り返り身体はどのように進化したでしょうか。先日作家の五木寛之さんの講演を聞く機会に恵まれました。
「現代は鬱の時代。日本は自殺者が十年連続三万人を超える自殺大国です。何も見えない、立ち上がることも出来ない真っ暗な闇の中で、一筋の月光が雲間から さした時、それがどんな道であろうとも光に照らされて歩むことができる。また鬱というのは、うっそうと茂る意味でエネルギーがわき出ていること。それに蓋 をして中で籠っているだけ。」というお話でした。
芯体操はまさに私達一人一人の光となり、蓋をとりはらって内からのエネルギーを発揮することができます。二〇一〇年一人でも多くの方と共に芯の歩みをいた しましょう。  本多
発行所 芯身自然整体研究所
電 話 090‐5903‐8913  
HP URL:http://www.shintaisou.jp

このページの先頭へもどる