津田美智代の芯体操 Shin Experiences

芯体操だより

HOME > 芯体操だより > 2010年7月号

  • HOME
  • 芯体操とは
  • 芯体操だより
  • 体験談
  • ギャラリー
  • 各教室情報

2010年7月号

梅雨明け宣言発令!             芯体操代表 津田美智子

梅雨明け宣言発令!夏のさわやかな青空に白い雲、夏生まれの私にとっては大好きな季節です。
京都は盆地でもあり、夏の暑さは半端ではなかったのですが、小さな庭や、家の前のちょっとした空間に緑の鉢植えを置いたり、打ち水をしたりして涼をとる工夫がさまざまに、成されていました。昨今は、クーラー等の影響で、涼を取る必要も無くなったのでしょうか。夏の風物詩である風鈴でさえ公害問題で、音が鳴らないようにかねを取ってしまっているとか聞きます。
水をまく音、風鈴の「チリーン」という音、蝉の鳴く声・・・こういった聴覚を呼び覚ます音が無くなり、世の中はざわざわとした騒音に侵されつつあります。もっと五感(視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚)を発達させなければなりません。世の中の流れがどうも、人間の身体の老化(年をとるというだけではありません)と、比例していくように思います。
「健全な肉体に健全な五感も宿る」と言っても良いぐらい、身体の縮み、歪みが五感を鈍らせてしまいます。そして、「見にくい」「聴こえにくい」といったことがどうしても、エネルギーを出し切れないことにつながっていくのです。
私が筋肉を無くしてしまったときに感じたことは、「生きられない・・・」ということでした。極端な身体の縮みが生じたときは心のバランスも崩れてしまいます。ひたすら筋肉を生み出し、伸ばし続けることでまた、「生きられる」と感じられたとき考えたことは、自分が生かされたことを世の中の苦しんでいる人たちに伝えなければならないということでした。それほど身体を変えられることは奇跡に近いことだと感じていました。
でも今、その通りに実践していることは、正しく身体の訴えていることであり、普遍的なことであるということです。誰にでも、確信の持てることなのです。そんなことを考えながら、今日もレッスン場でみなさまと向き合っています。

このページの先頭へもどる

玉造教室                     インストラクター 小林友美

今月は、昨年9月に、大阪市天王寺に開校した、玉造教室を紹介します。
歩道に面した、大きなテラス戸から入ってくる、午後の日の光のなかで、リラックスしながら、思いきり体を伸ばしています。5月に新しく入会された、4名の方から、コメントをいただきましたので、ご紹介させていただきます。
おしゃべり仲間というだけに、みなさんとても仲が良く、それぞれ、体の不調、昔の事故からくる、症状をかかえながらも、明るく、真剣に、芯体操に取り組んでいらっしゃいます。
「ひざの曲げ伸ばしが、すこしずつですが、できるようになってきました」「その日や、その時の調子にあわせてできるので、楽しく運動しています」「背筋をのばすために、家でも、へそ下の意識を思い出しています」
「自分の体が、今まで“カチカチ”だったことが、わかりました」「週に1回でも、だいぶん体が違うので、週2〜3回、レッスンを受けたいです」

このページの先頭へもどる

見よ!この美しいラインを                    大石恵

持永インストラクターと津田美智子先生との出会いは三〇年あまり前。千里よみうり文化センターがオープンしたとき。可憐で魅力的な津田先生の体験レッスンを受けて即入会。踊りが大好きな持永インストラクターは、津田先生のもと、我々の良き先輩として、また、兵庫県川西市での芯体操教室、社会福祉協議会主催のイベントでの体操指導など大活躍!初めて出会った方は、リズムに乗った身体の動きとエネルギーに驚かれます。
8月には、七十?才のお誕生日を迎えられます。今後も、芯体操で整えられた身体の素晴らしさを、多くの方に伝えて下さることと思います。

 

このページの先頭へもどる

 

「健康セラピスト」養成講座

2011年に受講のご希望の方申し込み受付けております。
「芯健康セラピスト」「世界リンパ整体師」の資格を取得できます。詳細はインストラクターまで

このページの先頭へもどる

芯健康セラピスト勉強会開催(資格対象者対象)

日時 8月26日(木)
時間 1:30〜4:30
場所 山柴公民館

このページの先頭へもどる

イベント・お知らせコーナー

八幡市民交流会
*7月31日 土曜日午後1時半より
八幡市文化センター 4階小ホール
入場無料
  

八尾・此花教室発表会
*7月24日 土曜日 午後7時より
八尾市萱振 恵光寺本堂にて
入場無料

このページの先頭へもどる