津田美智代の芯体操 Shin Experiences

芯体操だより

HOME > 芯体操だより > 2011年2月号

  • HOME
  • 芯体操とは
  • 芯体操だより
  • 体験談
  • ギャラリー
  • 各教室情報

2011年2月号

何歳でも自由な心がもてるように        芯体操代表 津田美智子

先日、「芯体操」HPのブログや、マイベストプロ大阪のコラムにも載せましたが「内股」に対する誤解が世の中全般にあることを痛切に感じています。ファッション的なポーズとしてしか捉えられていないということは断腸の思いです。
 痛みや違和感でお教室に来られる方にも、何故痛いのか、体をどう使うのかイメージをもっていただくまでには時間のかかることが多いです。しかし、少しでもイメージがあれば加速度を増して体は変化していきます。
 初めてお目にかかったときは、○○さんというその方のくせを持った体が目に付くのですが、深層の筋肉がゆるんでくると、顔色が良くなり、眉間が広くなったような明るい印象に変わってこられます。体のラインが優しくなりくせではなく、その方の良い面がいっぱい感じられて個性として伝わってきます。「おはようございまーす!」という声も発声がとても良くなります。
 体の変わり目のときも、このイメージをもつことは大変重要になってきます。骨盤の向きが変わってくると、今まで内転(内股)していた膝関節や足首をアウト(外転)に、したくなります。その時は、かかとと膝の向きをしっかり意識し、歩く時にもくせを取るように使います。
今までに、歩けなかった方、難病という原因の分からない状態の方、うつ病、喘息、腰痛、更年期障害の方など多くの方の体が「芯体操」で改善されてきました。「つき合うことも大切!」一日をゆっくり、ゆったりと体と向き合うことで心も癒されるような時間を過ごせたら良いですね。レッスンがみなさんのそんな空間になれるように心をこめてお伝えしたいと思っています。
 99歳の柴田トヨさん(宇都宮市)の詩集「くじけないで」がベストセラーになっています。92歳で詩をつくり始められたそうです。先日、自ら朗読されるのを、聴きましたが、本当にゆっくり、ゆったりと素敵でした。何歳でも自由な心がもてるように自由な体づくりをゆっくり貯金しましょう!

合格おめでとうございます

インストラクター試験に合格された松本さんに今の思いを寄せていただきました。

 

膝の痛みから解放され、自由に動ける身体になりたい!その思いから始まった挑戦でした。正しく筋肉を繋ぐことで、動かせば動かすほど自由に動けることを実感できました。何かに打ち込み、夢中になる時間が持てたこと、その先に合格があったことをとても嬉しく思います。
 これから学ぶべきことはあまりにも多くあり、ようやくスタートラインに立ったのだと身の引き締まるおもいです。
 津田先生、定兼先生をはじめ先輩方、お世話になった方々には心から感謝しています。これからも「芯体操」を深く理解し、一つでも多くのことを伝えていけるように努めます。よろしくお願いします。                   
             松本左千代

        

このページの先頭へもどる

芯健康セラピスト講習会を受講して          阪下 りつ 

第四期芯健康セラピスト養成講座を修了され4月には出産予定の阪下さんに原稿を寄せていただきました。

幸い私は妊娠5、6ヶ月という時期に講習を受けることが出来ました。私の身体は胎児を迎えるため刻一刻と変化しています。子宮や胸の変化はその部位だけの問題ではなく、まさに全身の事です。そして妊娠とはうまく出来たもので、妊娠に適した身体に変化しやすいように筋肉はとても柔らかく動きやすくなっています。その都度身体の変化に合わせてまとめあげられればつわりもおさまり快適に過ごせるのです。これまでなら一つの部位が痛み出し全身が変わるまで1、2ヶ月痛みが続いていたのに、筋肉が全身に繋がり整えられる。ということが早送りで体感できるようになりました。このタイミングで受講し『筋肉のつき方まとめ上げ方』を学んだのでより理解が深まったように思います。   
いろんな人をマッサージすると骨も筋肉もつき方はそれぞれ違っていました。
生まれた時から歪み・縮みを背負ってしまった子がいます。筋肉が繋がらないままどんどん身体を歪ませてしまっている子もいます。生きていく間に繋がっていた筋肉がはずれ、身体を縮ませ歪んでしまった人もいます。それぞれの人生の過程で全身が繋がるようサポートしてもらうことが必要なのでしょう。
これから私は、自分自身を繋ぎ、いろんな人にマッサージさせていただき、また我が子の身体を通して子どもの成長・繋ぎについて学び、癒せる手を持った人になっていきたいと思っています。

        

 

このページの先頭へもどる

 

今年の本部行事予定”

1・2月 芯健康セラピスト養成講座 
 6月  八幡市山柴公民館フェステバル
     富田林市チャリティのつどい                                      
 7月  八幡市体育協会合同交流会
 10月  よみうり文化センターまつり
     八幡市民文化祭
 11・12月 芯健康セラピスト養成講座



このページの先頭へもどる


“ママと子供の芯体操                       大石

1月21日 八幡市わかたけ保育園にて子育てサポート事業として開かれました。津田代表のご指導によるこの講習会は今回で3年目になり地域の方に好評で毎回楽しみにされている企画だそうです。
まずは、親子でふれあうマッサージと体操。その後、子供たちは、サポートの保育士さんに見て頂き、ママたちのリフレッシュタイム。ママたちの津田代表に向けられるまなざしは真剣そのもの、最後のゴム体操ではゴムをプレゼントされ大喜び!
“お母さん方の笑顔がとても素敵になりました”と園長先生にも喜んでいただきました。身体の中の筋肉を伸ばした解放感ですね“ありがとうございました”と大きな声で挨拶されるママは、輝いていました。芯体操の素晴らしさを再認識した講習会でした。

このページの先頭へもどる

編集後記                             定兼信子 

九十歳を超えて詩を書き始められた柴田トヨ
さんのお話を津田代表が書いておられますが、人間楽しんですることであれば年齢に関係ないのですね。最近、気がかりなニュースが多い中で、サッカーアジアカップの日本優勝は素晴らしいニュースでした。起用した選手が日替わりで活躍する、ベンチスタートの選手が得点する起用や采配や、出場機会のない選手への細やかな励ましや心くばりなどにより個性の強い天才の集まりである選手を十二分に力を発揮させて勝負に勝つ!すばらしいザッケローニ監督のお陰による勝利でした.私たちも津田代表という「監督」を中心に「年齢に関係ない健康な体」を勝ち取るよう「楽しく」レッスンを続けていきましょう。

このページの先頭へもどる