津田美智代の芯体操 Shin Experiences

芯体操だより

HOME > 芯体操だより > 2011年6月号

  • HOME
  • 芯体操とは
  • 芯体操だより
  • 体験談
  • ギャラリー
  • 各教室情報

2011年6月号

チャリティーのつどい みんな輝いて     芯体操代表 津田美智子

 去る6月11日、富田林市市民会館にて「チャリティーのつどい みんな輝いて」が、開催されました。このつどいの主催者は特定非営利活動法人地域生活ネット「ゆっくりっくかわちながの」なのですが、この団体のつどいに何故「芯体操」が参加することになったのかを少しお話します。
 実行委員長の田中美保さんは、36年前私が健康体操の道を歩むきっかけとなった恩師なのですが、私が当時の所属団体をやめたときから長い間お会いすることはありませんでした。人づてに失明されたらしいということを耳にしてからいつも気にかけていた頃に、先生とよくお会いするという方にくずはで再会し、名刺を託したのです。そしてある日、先生からのお電話がありました。引越しをされてから連絡の取りようが無かったのですが、一枚の名刺への思いが通じたのです。
 長い年月を超えて感謝の気持いっぱいで当時のことが、走馬灯のように浮かんできます。早速、八幡市山柴公民館教室に来られ再会することが出来ました。失明されてからも、お元気に体操を続けていらっしゃいますので昔のエネルギーはそのまま少しも変わらず、以前よりもさらにパワーアップされています。そんなエネルギーが今回のつどいの中で集中力になり、ラストの渾身の踊りにつながっていったのでしょう。先生の踊りの前が「芯体操」の「テレフォン」の演技でした。舞台が狭くフロアーを使うのか「ソー・ファー・アウェイ」のように舞台で続行するのか、ぎりぎりまで迷いましたが、突然フロアーの空間がまるで先生の踊りにつなげなさいというように訴えていたのです。とっさに「芯体操」のメンバーに思いっきり躍らせてあげたい!という思いに駆られました。走りました!みんなに伝えなければという思いが伝わったのか、急遽入れてもらった「やあっ!」という元気な声が先生の魂の踊りにつながったように感じました。出演して良かったなと温かい気持が今も大きく広がっていきます。
 最後になりましたが、遠い所まで足を運んでいただいたみなさま、そして参加できないけれどと、募金をいただいたみなさまに心からお礼申し上げます。みなさまの思いが、被災した障がいのある方々の支援を行う「ゆめ風基金」と目の難病・網膜色素変性症の研究支援団体「もうまく基金」へ贈られました。ありがとうございました!

八幡市「山柴公民館祭」               6月5日(日)

『あんなに身近な公民館祭で、衣装を着て踊ってくれはるなんて感激やぁ!きれいやったわぁ!曲選びも振り付けも津田先生なんやて天才やわぁ。』くずは教室の街さん、初めて見に来て下さったそうです。
このページの先頭へもどる

以下は“チャリティーのつどい”に観客として参加してくれた真理子さん、
出演者として参加した百合子さん、若い二人の感想です。

困難に立ち向かえるエネルギー        畠山 真理子さん(八幡教室)

 富田林のチャリティーの集いに行きました。よく知らぬまま、母に誘われ行きましたが、まず、若者、お年寄り、障害を持った人など、たくさんの人が、健康のために体を動かそうとしていることに驚きました。特に、お年寄りが、華やかな衣装をまとい、元気よく体を動かす姿が印象的でした。その中でも、芯体操は曲に合わせたリズミカルな動きに、のびやかさや、優雅さが加わり、おもわず見とれてしまいました。
 主催者の田中美保さんには、目が見えないことを感じさせない迫力ある演技や、パワフルな人柄に圧倒されました。健康体操には、人生の困難に立ち向かえるエネルギーがあるんだなと感じました。
 私も、楽しく芯体操を続けていこうと思います。

このページの先頭へもどる

成功へ導いたことへの感謝     大石 百合子さん (インストラクター)

 出演直前、いつも緊張しすぎる時間ですが、不思議とリラックスしていました。一曲目を踊り始めてすぐ感じた、会場の温かな目と一体感。これを感じたから落ち着けたのかなと気持ちよく踊ることが出来ました。
 今日まで、体のつながり、そして、津田先生と田中先生とのつながりを意識して練習してきた日々はここにつながっていたんだ。津田先生はこの日の為に、大切なつながりを伝えて下さっていたというのを感じました。
 二曲目のテレフォンは迷いなく動け、出演直前に決まった曲の最後に「やっ!」と声を出す所も、失敗を気にせず思いっきり大きな声が出ました。「大成功!」と津田先生の言葉が嬉しかったです。その後の田中先生の踊りは、生き様を見せてもらえた気がして感動でした。
 津田先生、田中先生共通してまっすぐな意志と芯を感じました。まわりに安心感を与えていて暖かな空気を生み出せる。高い目標ですが、私も少しでもこういう人になりたいです。最後の反省会まで出させて頂きました。今日の日を成功へ導いたことへの感謝が集まった時間でした。参加できて良かったです。いつも感謝しています。有り難うございました。

このページの先頭へもどる

あ☆り☆が☆と☆う
 “第3回チャリティーのつどい みんな輝いて”
6月11日(土)富田林にて

芯体操では
●チケット代金 25,000円
●募    金 53,743円

となりました。ありがとうございました。

編集後記                               大石 

 春にソメイヨシノの桜並木に、緑の葉に白い花の桜の木が一本。
 今、その枝に赤い実が。
 「あなたも、あなたらしく生きているのね。」と、いとおしくて。

このページの先頭へもどる