津田美智代の芯体操 Shin Experiences

芯体操だより

HOME > 芯体操だより > 2014年6月号

  • HOME
  • 芯体操とは
  • 芯体操だより
  • 体験談
  • ギャラリー
  • 各教室情報

2014年6月号

 

「骨盤」と「肩甲骨」美人!           芯体操代表 津田美智子

 なんとなく、姿勢がいいなと感じたとき、私達は何を見て思うのでしょうか?
 「芯体操」をしている方ならきっと、「芯」が通っているからだと感じているかもしれません。でも、多くの方はやせていることや、腰を入れてヒップ、胸を出して意識して良い姿勢をしていることでも、きれい!と思い込んでいるかもしれません。
 私は、その違いが分からなければ、「芯体操」でやっている運動の本質が伝わらないと悩んだ時期がありました。当初は、骨盤がゆがんでいることも、猫背になって肩甲骨が縮んでいることにも気が付いていない人が殆どでした。
 こちらを押さえれば、あちらが飛び出すといった堂々巡りの繰り返しでした。それでも、人間の身体の深層部を揺るがす運動をしなければ、ゆがみ、縮みが引き起こす身体の変調をくい止めることはできないという信念がありました。
 骨盤と肩甲骨は人間の身体がかかとから頭まで筋肉でつながって成り立っているのだということを、教えてくれます。骨盤と肩甲骨を連動して動かすことは、多くの運動を生み出しました。間違った運動をすることで、本来兼ね備えている筋肉の役割を失くしてしまうのです
 内転している足首・膝・股関節は骨盤のゆがみを大きくし、背骨の詰まりが肩甲骨のゆがみにまで影響していくのです。これらが矯正されると首筋と背骨がきれいにつながり、姿かたちがとても魅力的になります。
 これが本当の「美人」というのではないでしょうか!外見ではなく、身体の中の意識が分かるようになると、下から上に持ち上げるようなお腹力が生まれ身体が軽やかになるのです。羽衣を着た天女のようになれたらいいですね。
 衣服は身体の芯が着るのです。偏った筋肉をつけていますと、布にドレープが生れずに肉にへばりついてしまうのです。骨盤と肩甲骨のゆがみ、縮みを改善して布がひらひらするように、着こなしてみたいものです。
 今年の夏は、「骨盤」と「肩甲骨」美人になりましょう!

このページの先頭へもどる

「芯体操」のお蔭で念願の長距離旅行へ!   くずは教室  街 憲子

  5月の連休が終わった、5月10日〜5月18日まで、8泊9日の東北一周、我が家の軽自動車で3,300キロ走ってきました。運転は主人一人、私は横に乗っている人です。
 休憩の度に私は、両肘を広げて身体を伸ばし、主人には毎日寝る前に、足は内側の筋肉を伸ばすように、肩は叩くのではなく、肩甲骨のまわりをゆるめるように、腰は時計回りにマッサージをしました。普段主人は、結構こむら返りを起こすのですが、一度も足が攣ることもなく無事に帰ってきました。
 十和田湖畔や青葉城では少し桜が残っており、津軽では、一面リンゴ畑の白いリンゴの花の中を走り、下北半島一周、本州最北端大間では、おいしいマグロを食し、三陸沿岸では津波の後の小学校が、そのままになっている所や、田んぼや畑が荒れたままになっている所もあり、復興にはまだまだ時間がかかることだなと感じました。
 芯体操との出会いのお蔭で癒しのマッサージ、東北の温泉の効能とで、一日も雨に降られず、元気に楽しい思い出をつくることができました。これからも、もっともっと芯体操を、自分のものにしたいと思っています。ご指導よろしくお願いいたします。ありがとうございました!

このページの先頭へもどる

向日市保育園にて講習会が開かれました   インストラクター井口三栄子

 5月30日(金)向日市職員組合女性部の方20代〜50代までの約25名の方が定兼先生の講習を受けられました。
 踵にのること、ヒップ締めの運動を中心に体験されました。皆さん大変熱心に取り組まれ、仕事終わりの7時から9時までの予定が10時まで延長されて、自分の身体に集中して向き合われました。終わった後「身体が軽くなり血流が良くなった!」「肩の痛みが取れた!」「自分の身体の歪みが分かった!」「初めての経験ですが身体にいいことがよく分かった。芯体操を始めてみたい!」などの感想をもらいました。
 私はお手伝いで参加させてもらっていたのですが、皆さん初めて芯体操を体験されているのにもかかわらず芯体操効果がはっきりと現れるのを目の当たりにして驚きでした!!
 最後に「明日からは、芯で立つ姿勢をチェックして下さいね」と言われ皆さん納得されていました。

このページの先頭へもどる

編集後記                               

 親からもらった顔や骨格は今更どうしようもありませんが、芯体操に真摯に取組み津田先生の書いておられるような「軽やかで、羽衣をまとった天女のような芯(真)美人」になりたいですね!
 講習会をして思うのは首、肩、腰、足の痛みを訴える方が沢山おられることです。多くの方に芯体操を体験していただき、お悩みにお応えできるように頑張ります。なお、講習会の感想は他にも寄せて下さいましたのでホームページに掲載します。ご覧になってください。
                                         定兼信子


このページの先頭へもどる