津田美智代の芯体操 Shin Experiences

芯体操だより

HOME > 芯体操だより > 2014年10月号

  • HOME
  • 芯体操とは
  • 芯体操だより
  • 体験談
  • ギャラリー
  • 各教室情報

2014年10月号

 

「芯体操」十二年目の秋に想う          芯体操代表 津田美智子

 健康体操歴39年目にして今、芯体操が生まれこの類まれなる身体との対話は、私の心を豊かに、夢と希望を育んでくれます。こんなに明解で効果のある運動は自分で生み出しながらも不思議な世界です。誰にでも備わっているはずの力が、充分に生かされていないことが残念でなりません。
 そんな状況から一人でも多くの方に伝えたいという思いで、芯体操インストラクターや芯健康セラピストの養成を、行っています。
 インストラクターにつきましては、誰にでも知っていただいておりますように、ダンスを含めましてかなりハードルの高いものになっていました。最近の芯体操のお教室では、整体運動中心の内容になっていますので、ダンス中心の検定では、方向性が違うと感じられてきました。その為に今回から、あくまでも身体の基本訓練を目指していただく内容に検定の科目を変更いたしました。
 決して簡単になったわけではありませんが、少なくともお教室では、さまざまな運動に取り組み勉強している内容が実は、生きている上に大切なことでありそれを深め、極めることが検定内容にふさわしいと考えたのです。
 インストラクターも、セラピストも誰にでもチャレンジできるのです。しかしそれには、かなり勉強していただかねばなりません。生きていることは、食べて寝ているだけでは、充分ではありません。私達は、それぞれに使命を与えられていると思っています。目標を持って、一生懸命努力すること、達成感、充実感が得られることが、生きているという証しとなるのではないでしょうか。
 千里よみうり文化センターまつりの舞台は、創立(37年前)翌年から携わってきました私にとりまして、なくてはならない大切なものでした。それが、センター再整備計画に伴い、よみうり文化ホールが取り壊されることになり、今年が最後の舞台になります。
 舞台作品のレッスンは2ケ月足らずでしたが、それを目標に日頃のレッスンで身体の基礎づくりに取り組み、出演者のみなさんにとって大きな礎(いしずえ)になっていたことでしょう。選曲、振付によって叩き込まれた作品の数々は、出演者の努力によってしっかり観客に届いてきたことでしょう。
 そんな思いをもって、今年最後の舞台を演出いたしました。「芯体操」にとりましても大きなメッセージとなりますので、今年はみなさん、ご家族、友人、多くの方にぜひ足を運んでご観覧頂きますように、切にお願いいたします。
 まさに、生きている意味を感じていただけるように、精一杯、頑張りたいと思います!
 芯体操の舞台は、全体が見える真ん中から後ろの席で観てくださいね!人を見るのではなく、みんなで創る「芯の世界」を楽しんでください。

このページの先頭へもどる

『不思議な体感』                        谷口智美

 芯体操と出会って数多くの人が、身体の変化を感じていらっしゃると思います。膝や腰の不調が軽減されたり、姿勢が良くなったり、私自身もレッスンを受けて多くのことを体感してきました。実際、最近は立ち振舞いを誉められることもあり、これを自分の魅力にしていきたいと、日々頑張っています!
 芯体操は、本当に不思議な体感を私たちにたくさんさせてくれます。私の場合、足の捻りをとるストレッチによって胸や背中までがほぐれて、ずっと悩んでいた片頭痛が解消されたりと、全身の繋がりには驚かさせることばかりです。身体の健康は心の健康。身体と心が整えばそのエネルギーで色んな表現が可能になります。私は表現者として、自分の感じたことを多くの人に伝えられるよう、これからも頑張っていきたいと思います。みなさんも一緒に色んな発見を繰り返して頑張っていきましょう!

芯体操のインストラクターであり、劇団「音芽」の谷口さん。
彼女の立ち姿に魅せられて、芯体操に入会された方、彼女の後輩として「音芽」のメンバーから、
2名のインストラクターも生まれました。

このページの先頭へもどる

芯体操で、明るく、元気に、幸せに☆八幡市で老若男女が!  大石恵

○特別養護老人ホーム八勝館にて
 月一回、デイサービスで来られている方が、一時間半、芯体操を体験。職員の方々の熱意に、津田代表のエネルギーも全開です。
 椅子に座った状態から、お手玉、ゴム、ボールを使って、立って歩く所まで。出来ないと思っていた事が出来る喜び、共に喜ぶ職員さん。
 身体も表情も、どんどん自由に豊かになる皆さんにアシスタントの私も、また次回がとても楽しみです。

○八幡市主催『ママとベビーの講習会』
 3ヶ月から1才7ヶ月までの赤ちゃんと、お母さんが、旧五小(山柴公民館仮舎)に集まりました。 「キツイ」「出来へん」「気持ちいい〜」若いお母さんたちの賑やかな声に、 『今のままの身体じゃダメよ』と、津田代表の叫びに近い声。
 ベビーマッサージは勿論、若いお母さん達の未来に向けて、芯体操は、働きかけ続けています。

このページの先頭へもどる

このページの先頭へもどる