津田美智代の芯体操 Shin Experiences

芯体操だより

HOME > 芯体操だより > 2015年2月号

  • HOME
  • 芯体操とは
  • 芯体操だより
  • 体験談
  • ギャラリー
  • 各教室情報

2015年2月号

何かに夢中になるって素敵!           芯体操代表 津田美智子

 私は自分で言うのって変ですが、「からだ」に夢中!
 本を読んだり、絵を描いたり、旅行、観劇、美味しい店を探したり、ない時間の合間を縫って色々やってはいますが、40年前に始めた、健康体操が一番集中していることです。それが高じてとうとう「芯体操」を創りました。身体って本当におもしろい!おもしろいって不謹慎みたいですが、興味深いに近いかもしれません。身体の中から身体の外を見る体験をした私にとって、他の方と視点の違いが確かにあるように思います。
 ストレッチで身体を伸ばす時、どうしても外の筋肉に意識がいってしまいがちですが、私の考案したストレッチはお腹と胸の中の筋肉をぐわっと広げてそこから手足に繋がる骨に密着した強い筋肉を、中から順番に引き合いながら伸ばしていく感じなのです。
 一口には説明できませんが、やはり常に自分の意識がお腹と胸の間(横隔膜のあたり)にあり、そこだけで身体中の筋肉に指令を送っている感じなのです。息を吐くときには、お腹を締めて、横隔膜を引き上げますので、同時に肋骨を締めることになります。それが、身体に「芯」を通す第一歩なのです。
 生きていることそのものが、横隔膜を引き上げた状態ですので、身体からの意識が無くなるということが一瞬たりとも無いのです。特にお腹の意識が抜けるということは決してありません。レッスンでは、かなり恥骨に近いお腹を指で押させてもらっています。これだけで、みなさんのお腹の抜け具合が直ぐに分かります。
 身体に集中するということは1年365日、生きている間中続いていくことなのです。世の中の多くの人が、日常生活の中で、身体に意識を持っていないことが多いですね。色々な趣味、スポーツに興じるのも楽しいことですが、身体に良くない姿勢を強いられていることもあります。どれもが良くないと言っている訳ではありません。ただ、常に楽器でいい音を出すにはどういう持ち方で、姿勢をどうするかを、本を読むときの姿勢、絵を描くとき、書を書くときの姿勢、スポーツをする時には、スポーツ体型にならないように肩の力を抜いて、お腹は抜かない等々・・・
 身体は、アスリートだけのものではありません。普通に生きている私達が、癖になっているところを発見し、身体に集中する意識を高めることが大切です。
 動くのが億劫になったときが、老化の始まりです!今年もぜひ、「芯体操」に夢中になってくださいね!

このページの先頭へもどる

 

「芯体操は妊婦の方にもお勧めです」              須藤由香

  臨月に入り、高齢妊婦の私が芯体操の良さをお伝えしま す。芯体操では、何人もの方が出産直前まで続けておられ るので、妊婦の方でも安心してできる体操なのは実証済み です。私は妊娠初期から約3ヶ月出血が続き、絶対安静の 日々を経験した妊婦ですが、妊娠中期に入り胎盤が、完成 するという時期から出血がピタッと止まり、芯体操を再開 しました。それまで基本寝たきり状態でしたので、最初は 恐る恐る始めました。もちろん脚の筋肉は落ちていますし、 腹筋も意識して使わないようにしていましたので大変なの は覚悟の上でした。そんな私ですが、実際は気持ち良く身 体を動かすことが出来ました。それまでの感覚で出来る運 動もあり、腹筋も出来る範囲で行いましたが、奥の方の腹 筋を意識することで、脊柱周りの筋肉の伸びを十分感じる ことができました。私はよくお腹が張る方ですが、芯体操 をしていて、お腹の張りを感じたこともありません。 いわゆる妊婦体操として推奨されている体操も芯体操で行 なっているものが多く、むしろ芯体操の方が奥深いので安 心して出来ました。肩甲骨も意識して使うので、おっぱい 体操になります。
 お腹がせりだして腰が入り、腰痛になる妊婦さんが多いで すが、芯体操では肋骨を締めることを教わっていますので 意識すれば腰は入らなくなり腰痛も防げます。 腹式呼吸でお腹が張った時には和らげることもできます。 書き出したら止まりません(笑)
 私が、妊娠を通じて芯体操の効果をお伝えしたいことの一 番は、芯体操で自分の身体と向き合っているからこそ、身 体の使い方が分かる力がついたことです。まだまだ未熟な 私なので正解は分かりませんが、痛いところがあればこう してみようとか考えることができますし、芯体操は意識し て身体を使うので集中力も養います。これは妊婦にも生き ていく上でも大事なことだと思います。
 これから妊娠を希望されている方には是非、芯体操を経験 してもらいたいです。


 須藤さんは芯体操のインストラクターです。 初産を迎えるまでの体験を素直な気持ちで書いて下さいました。とても説得力ある良いお話です。 是非周りの妊婦さんにお勧め下さいね。 新聞が出るころには出産されているかもしれませんね。

このページの先頭へもどる

鞍馬口教室を始めました            インストラクター 福田令子

 一月より教室を始めました。現在生徒さんは5名です。 私自身、体を歪め腰痛・膝痛・股関節痛などで歩きにくく、 階段が昇りにくい、正座ができないという状態で芯体操に 出会いました。体の芯を感じ、歪みをとっていくと、それ らが改善され、体が楽になりました。
 この、私が体感したことを、まわりの人に伝え、色々な体 の不調を抱えている人が元気になって欲しいという気持ち でレッスンに臨んでいます。
 何歳になっても体を改善することはできます。楽しくレッ スンしながら、一人一人が自分の体と向き合える教室にし たいと思っています。

このページの先頭へもどる

編集後記

今月は、先生をはじめ須藤さんそして 昨年インストラクターになられてホヤホヤの福田さんと素晴らしい原稿に恵まれました。すべて芯体操の効果がもたらした結果です。あれこれ思う前に夢中になることですね。koji

このページの先頭へもどる