津田美智代の芯体操 Shin Experiences

芯体操だより

HOME > 芯体操だより > 2015年7月号

  • HOME
  • 芯体操とは
  • 芯体操だより
  • 体験談
  • ギャラリー
  • 各教室情報

2015年7月号

一本の電話芯体操代表 津田美智子

 その日は珍しく午後、家にいました。突然電話がけたたましく鳴り受話器を取った時、妙に馴れ馴れしい口調で女性が話しかけてきました。「芯体操」のお問い合わせということもありますので、一応お話を伺うことにしていますが、いきなり年齢は何十代ですかときました。「どういうご用件ですか?」と聞きながらこれは、何かのセールスであると感じていました。「身体がだるかったり気分が悪い時などありませんか?」との問いに、あっ!お気の毒にと思わず笑みが・・・「そういうことでしたら、必要ありませんので」と、お断りの返事をしました。
 案の定、「健康な身体にするために、最適なものがあるのですが・・・」と、本題に入る気配がします。「ああ、私は健康体操をしておりますので、そういった心配はないですので・・」「何か習っておられるのですか?」「はい、私が主宰しています。」「えっ!教えていらっしゃるのですか?そういう方はサブリメントとかは飲まれないのですか?」「はい!必要ありませんよ。」「分かりました、失礼しました」
 以上の会話でしたが、昼間殆ど家におりませんので、セールスの電話には遭遇しないため、このような商品まで電話で行っているのかと、驚きであり、新鮮な気持ちでした。
 そして、気付いたことは、体調不良のまま家で悶々とされている方が多いのではということでした。このような電話でのお誘いについつい乗せられて購入する方がいるのでしょう。
 健康体操を始めて40年、ひたすら身体と向き合い続けた日々、19年前の大きなアクシデントにも屈せず、身体を信じて身体の自然治癒力を信じて、生きています。運動をしながらでも、病院と縁を切らない方、サブリメントで身体を良くすると飲み続けていた人々もいましたが、不思議で仕方がなかったのです。
 先に何があるかは誰にも予測は出来ないけれど、今日という日に精一杯エネルギーを生み出しながら生きればそう簡単には負けない身体をつくることはできます。
 治癒系は臨床医学という視界からはみることがむずかしいと言われています。「芯体操」はひとりひとりが、自分で身体に向き合うことが出来ることを目指しています。
 自分の身体に本来備わっている「健康を維持し、病気を治そうとする自然の力」に自信をもち、もしも電話がかかったら「自分で立て直す力をもっていますので結構です」とはっきりお伝えしてくださいね。 ぜひあなたもチャレンジしてみてください!

 
このページの先頭へもどる

編集後記

 『 コ・ス・パ SENRITOよみうり 』のお教室は、4階の一番広いスタジオで、最新の照明に機器。オロオロと落ち着かない私です。津田先生はといえば、いつも通りどころか、いつも以上のエネルギーと笑顔で、わたしたちの前に! いつもこうして私たちをリードし、導いて下さっているのですね。
 さあ! 暑い暑いと言わず 2015年の後半に向かって、スタートいたしましょう。

大石

このページの先頭へもどる