津田美智代の芯体操 Shin Experiences

芯体操だより

HOME > 芯体操だより > 2015年9月号

  • HOME
  • 芯体操とは
  • 芯体操だより
  • 体験談
  • ギャラリー
  • 各教室情報

2015年9月号

骨を引き離せば、美人になれる!芯体操代表 津田美智子

 「芯体操」の運動は、遂に骨まできました!今まで、からだの中から欲していることに答えながら色々な運動を考案(生まれた!)してきました。2足歩行の人間に起こりがちなからだのトラブルを、改善したいと思いつつ「美しいからだとは?」という永遠のテーマにも言及しています。
 さて、「美しいからだ」とはどういう姿なのでしょうか。残念ながら今の私でお見せすることができませんが、アクシデントで筋肉を無くす以前の身体は、かなり理想体型だったと思っています。体幹がしっかりしていて、手足が長く末端に行くほど細くなっている状態です。この頃は、最高に気持ちの良い身体でした!柔軟性があり、痛みもなくバランス感覚のあるからだです。
 思い通りの動きを表現できる状態でした。この感覚を味わっていることが、筋肉を無くしても、どうすれば良いのかという方向性を教えてくれたのです。今も、多くの方が、さまざまな状態を抱えて「芯体操」に来られます。私にはみなさんのからだが、どうなっているのか、どうからだを改善すれば良いのかが分かります。
 これは、不思議なことかもしれませんが、骨が、関節とそれに付着する筋肉で支えられ引き伸ばされることが分かります。どこを触れば、つながるのかが分かります。自分にできること、それは明らかにからだの成り立ちが悪い場合未病のうちに、改善されるように導かせて頂くことです。
 あまりにも、筋肉のバランスが悪い方が多いです。筋肉が縮み、捻じれ、各関節を固めてしまっています。そうするとどうなるのか、ずばり!骨に負担がかかっていますので、頭が足のつま先に乗ってしまって、さまざまな部位が悲鳴を上げているのです。
 なのに、いたずらに筋肉を強化するために、筋トレをする人が多い、歩けばいい、走ればいいと大切な筋肉を縮め、太っているひと、やせ過ぎの人色々います。やり方を間違えれば、健康どころか、機能的なからだはおろか、病院頼りの方がどんどん増えていきます。
 各部位が、機能的に動くこと、それが本当の「美しいからだ」、美人になれる一歩かもしれません。「芯体操」では、今、骨を引き離す運動を展開しています。脛骨(けいこつ、すね)を意識して踵(かかと)に立てますか?
 意味が分かる人も分からない人も、まずどういうことなのか学んでください。各お教室で、インストラクターからしっかり伝えてもらいますね!
 「芯美人」を目指してみてください!

 
このページの先頭へもどる

ギックリ腰にならず 一安心!亀岡教室 金曜日クラス 徳久 良江

 55歳頃から、年々体重が増え、長い距離が歩けず、すぐに足が引っかかってしまう状態でした。また、若い時にギックリ腰になっていて、2年前にこけたのがきっかけで腰の痛みが続き、歩くのがさらに大変になりました。以前から心配してくれていた姉から勧められて、8カ月前に入会しました。
 先日朝起きると、腰がピリピリと痛くなり、顔を洗う事や、家事をする事も大変だったので、体操を休む事にしました。上林先生から『そんな時こそ、縮んだ筋肉を伸ばさないと!』と言って頂いたので、体操に行き、全身を伸ばして頂き、腰のピリピリも、ドスンとした重みもなくなりました。腰の痛みは体重のせいだと思っていましたが、芯体操にきて、筋肉と背骨の縮みの為と解りました。骨や筋肉を伸ばすことの大切さを知り、私には芯体操が必要だと感じました。いつも汗がプルプルでて、きつい時もありますが、先生や仲間の方に、丁寧に教えて頂けるお蔭で頑張れています。体操を終えてから、仕事に行くと、『軽く歩けるようになったね!』と言ってもらえます。
 これからも、芯体操を続けていき、一つでも生活の中で実践していきたいと思います。歳を取っても、元気で楽しく生きていけるよう頑張っていきたいと思っています。 これからの、身体の変わりざまをますます楽しみにしています!

 
このページの先頭へもどる

編集後記

 脊柱を伸ばせば腰痛にならない!
 ギックリ腰にもならない!
 全身の骨を引き離せば美人になれる!もうやるしかないですね♪〜

かんばやし

このページの先頭へもどる