津田美智代の芯体操 Shin Experiences

芯体操だより

HOME > 芯体操だより > 2016年6月号

  • HOME
  • 芯体操とは
  • 芯体操だより
  • 体験談
  • ギャラリー
  • 各教室情報

2016年6月号

軽やかなからだ目指して!         芯体操代表 津田美智子

 「芯体操」の中で、私の直属のお教室に参加されている有志が集まるダンス部が、存在します。現在の全てのお教室の体系は整体を目指した通称「インフィニティ(無限大)運動」を行っています。私の体験から生まれた運動は、止(とど)まることなく進化し続けています。元々、ダンスを踊りまくっていた時期から身体のアクシデントで大きく軌道修正された現在までの歩みの中で、整ったからだは表現につながるという理念の元、よみうり文化センターの舞台のお蔭でダンスを続けてくることができました。インストラクターのみならず生徒さんの有志参加で20数名ほどが、踊り続けています。
 先日、三,五,六月と続いたイベントで久しぶりに集結してのレッスンを終えて打ち上げ会を開きました。この何十年かで五十代から七十代の方々が増えてきましたから、驚きです。そうそう八十代もいます。からだは、始めた頃よりどんどん進化しています。出来ることが増え続けているという結果、踊り続けられているのです。
しんどかったからだを抱えて来られた方々が多かったのですが、「芯体操」の取り組みは、「骨を引き離す」「筋肉をつないで使う」「異次元の空間に行けるリズムを体感する」ことによりそのからだが変わることを実感していただくことに尽きます。その結果、からだの左右の違和感、そのアンバランスによる痛みを経験したりすることもありますが、それこそが前進の第一歩なのです。老化するということは、歪みに気付かず片側の足に全体重をかけて生活している間に、骨盤、背骨、肩甲骨の歪みを増幅し、痛みに耐えきれず歩くことができなくなることを示唆しています。
 進化する過程の痛みは、自分の努力で改善していける猶予が与えられます。そのチャンスを逃してしまうと、二度と元には戻れなくなり病院のお世話になることになるでしょう。病名をもらっても、身体を変える信念さえあればスタートに戻れることだって有り得るのです。
「芯体操」のダンスは、何処にもないダンスです。だから人の心を打つことも可能になると信じています。打ち上げのメンバーの言葉が胸を打ちました。「午後のダンスレッスンでものすごい勉強が出来て嬉しい!」いくつになっても、そんな場を持てることは幸せです。そんな「芯体操」だからこそ、楽しみに日頃のレッスンに打込んでください!
いつでも、軽やかに踊れるようなからだを目指して人生をバラ色に彩ってくださいね。

このページの先頭へもどる

このページの先頭へもどる

                 インストラクター渡辺、井口、松本

 5月29日(日)八幡市民体育館にて八幡市民総合体育大会総合開会式が行われ1200名の参加者の中、芯体操によるダンス2曲がオープニングを飾りました。又6月5日(日)に行われました山柴公民館フェステバルに出演しました。二つの出演の様子を書いていただきました。
「広い体育館思いっきり踊ります」の言葉通りでした!
黒の衣装で登場。ぶれない身体から醸し出されるキレのある動きが踊りに迫力を増し、フロアー全体に広がる動きが立体的に見えた「Only this moment」[お! 今度は黄色だ!メンバーが違うね 若い!]という声が聞こえてきました。・・・同じメンバーなのに・・・素晴らしい衣装効果!!黒から黄色に変わり、聞き慣れた「Shake it off」曲に、軽やかなリズムと踊りが心地よく感じ取れて、踊っている皆さんの笑顔がとても素敵でした。朝イチからあんなに動けるなんて、すごい!!
 山柴公民館フエステバルでは、芯を感じる振り付けと白いドレスの流れが調和した美しい「白い色は恋人の色」、独特な曲に乗り次々と変化していく動きに引き付けられた「 Only this moment」どちらも皆さんの表情がイキイキとされ身体の伸びやかさ、若々しい動きに感動しました。普段のレッスンで取り入れられている運動があちこちに入り、一緒に踊りたい気持になりました。津田先生のワンポイントレッスンも分かりやすく、会員の皆さんと会場が一体になり楽しいひと時でした。

このページの先頭へもどる

出会えてよかった芯体操         向日教室 吉野ひとみ

 家事を終えてひと段落、そんな時、友人から電話で「近くの公民館で芯体操の練習をしているから見に来ない?」とのお誘いがありました。それまで何度かお声をかけていただいていたのですが更年期や介護が重なり、とても行く気にはなれませんでした。その日はお天気もよく気分が晴れていてちょっと見学してみようかなと思い、軽い気分で見にいきました。
向日市学習発表会の練習が始まっていました。リズムの良い音楽が鳴っていて皆さんが真剣な表情で一生懸命踊っておられていました。その姿に感動し、引き込まれていきました。自分も一緒になって踊っているような不思議な感動!!これは何だろう!想像だにしていなかった真剣さに心を打たれた瞬間でした。私も皆さんと一緒にやりたい!!と、その日に入会させていただきました。次の年から発表会にも出演し今年で3年目になりました。
毎週の教室のレッスンでは知れば知るほど奥が深いなといつも思います。繋ぐ難しさ、しかし繋がった時の伸びは本当にもう!気持がよく嬉しくなります。
最近では膝 、腸骨、肘が繋がってきているなと感じる時が多くなりカチカチだった首や肩が楽になってきました。
これからも、あせらずゆっくりと自分の身体と向かい合いながら、皆さんと一緒に続けていきたいと思います。この体操に出会わせてくれた友人、本当に有り難う!
毎日が楽しく幸せです!!

このページの先頭へもどる

編集後記

私事ですが先日故郷の丹波市での高校卒業50周年会に参加しました。自分で言うのも何ですが(誰も言ってくれませんので)芯体操のお蔭で同級生150名の中では“若さ”と“姿勢”は二番目ぐらいでした(笑)。いつまでも軽やかな体でダンスを踊り続けたいものです。

定兼信子

このページの先頭へもどる