津田美智代の芯体操 Shin Experiences

芯体操だより

HOME > 芯体操だより > 2016年7月号

  • HOME
  • 芯体操とは
  • 芯体操だより
  • 体験談
  • ギャラリー
  • 各教室情報

2016年7月号

テロリストに勝つのは愛である       芯体操代表 津田美智子

 昨年のフランスのパリや、ベルギーのブリュッセルでの同時多発テロ事件に続き、今年六月十八日には、米フロリダで銃乱射事件、二十八日にはトルコのイスタンブールで、爆弾テロ事件が起きました。さらに、七月一日には、バングラデシュの首都ダッカで、国際協力機構(JICA)のインフラ事業に携わっていた日本人八人を巻き込んだ、人質・たてこもりテロ事件が発生し、日本人七人が死亡しました。三日には、イラクのバグダッドでも今年最大規模の爆弾テロ事件が起き、いずれもISとの関係が指摘されています。
 誰もが、繰り返されるテロに対してやりきれない憤りを感じ、この果てしない闘いに未来への不安をつのらせているのです。終わりのない負の連鎖を感じてやり場のない気持ちを持つ私達に、フランスのパリ事件で最愛の妻を亡くしたアントワーヌ・レリスさんのメッセージがフェイスブックに公表されました。一歳半になる息子と二人でこれまで通りに強く生きていく決意を発信したところ、世界中に反響を呼び、私も生き方を学んだように思いました。
 =愛する人の命を奪ったテロリストたちに=「もちろん私は痛みに打ちのめされている。君に小さな勝ちを譲ろう」とした上でこう呼びかけました。「私は君に憎しみを贈りはしない。君はそれを望んでいるだろう。君は僕がおびえることを、安全のための自由を犠牲にすることを、期待していただろう。君の負けだ。」 息子のことを考えた時、彼は笑顔のある人生を送らせたいと考えたのでしょう。「憎しみが、ドアから入ってきて人生を白黒に変えてしまう。一生憎しみに支配されて生きる方が難しい」「先日、息子と二人で心から笑うことができたとき、とても嬉しかった」どんな暴力にも屈しない心に、世界を変える力があるということを、教えられました。
バタクラン劇場で、事件発生時に公演していた米ロックバンド「イーグルス・オブ・デスメタル」が、初めてバンドとしての公式のメッセージを発表しました。「愛は憎しみに打ち勝つ」とした上で「テロリズムに脅かされる全てのみなさまと悲嘆を共有する。ベストを尽くし助け合うことで、愛が邪悪に勝つことができる」と訴えました。友人を失ったひとりは、「怒って被害者が帰ってきたらいいが、そうではない。我々は耐えて、立ちあがっていかなくてはならない。」と話しました。 果たして自分にふり返ってみた場合にこんなに強くなれるのでしょうか。しかし、こう生きなければということが、分かります。 彼の勇気あるメッセージが、世界をひとつにできるよう私達がまた、メッセージを送る番です。

このページの先頭へもどる

予期せぬ出来事                八幡教室 八木佳子

 尾籠な話で誠に申し訳ないのですが、私は若いころからずっと便秘に悩まされ続け、薬との付き合いも長く、ひどい時には毎食後医師から処方された薬を飲んでいました。便秘に良いと言われることをいろいろ試みたりもしましたが、薬はずっと手放せない状態でした。
 私と津田先生とのお付き合いは、京都造形芸術大学の学生同士だったことに始まります。大学へ通う電車がたまたま同じだったことから、親しく話をするようになり、そこで勧められたのが芯体操でした。芯体操の八幡教室に通うようになってから早や十年、初めは全てが戸惑いだらけでしたが、皆さんに助けられながら今まで続けることができました。その十年の間、自分では気が付かないうちに、私の身体は徐々に変化をしていました。まず表面的なことにおいては、津田先生から姿勢が良くなったと褒めて頂いたことです。このことは芯体操の成果であることはもちろん、体の歪みが改善されてきていることに繋がり、表面からは見えない身体の内部にまで影響を及ぼしていたと思われます。それ故、私のお腹の中も、体の歪みが取れて来るに従って、内臓が正しい位置に配置し直され、規則正しく働きだしたのかもしれません。それが便秘の改善につながっていったのではないかと私流に解釈しています。このことは私にとって全く予期しなかった嬉しい出来事であり、ついに長年にわたり飲み続けていた薬に頼らなくても良い状態になったのです。おそらく一生飲み続けるであろうと思っていた薬が、不必要になったのです。私が芯体操に入門してから得たことは、少しずつでも体を動かし続けることによって、身体は確実にその成果を示してくれるということです。普段私は、絵を描くために右手ばかり使い、体を歪めて使っています。折角快調になったお腹を維持するためにも、芯体操を生活の一部にしていきたいと思っています。偶然とは言え、何かのご縁で津田先生と友達になり、芯体操に巡り合うことができました。また八幡教室では、多勢の楽しい友達に恵まれて、そのことも教室に通うための後押しをしてくれます。津田先生をはじめ、皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。   

このページの先頭へもどる

このページの先頭へもどる

編集後記

身体は、色々な形で異常を教えてくれています。 痛みやしびれ、だるさ、めまい、肩こり、便秘…
早目に身体を整えれば、嫌な症状は無くなり大病に至りません!周りに“何か調子が悪いな”という方がいらっしゃれば、ぜひ芯体操をお勧めくださいね!

かんばやし

このページの先頭へもどる