津田美智代の芯体操 Shin Experiences

芯体操だより

HOME > 芯体操だより > 2017年3月号

  • HOME
  • 芯体操とは
  • 芯体操だより
  • 体験談
  • ギャラリー
  • 各教室情報

2017年3月号

芯体操一五周年を迎えて          芯体操代表 津田美智子

 10周年のパ―ティ(2012年)から早や、五年の月日が経ちました。この五年間、色々な出来事がありましたが、一番大きなことは、『よみうり文化センタ―』が、無くなり『コ・ス・パSENRITOよみうり』に移籍したことでした。三八年間もの長い年月、芯体操の真髄である、心身統一による芯ダンスを追及し続けたのですが、支えを失くしたも同然だったのです。よみうり文化センタ―跡地にはイオンモールが入る予定で現在、この春のオ―プンを目指して工事中です。不安定な情況を乗り越えやっと、千里中央の新しい息吹を楽しみにできるようになってきました。折しも、一五周年を迎えた芯体操にとっても新しい街の発信基地として頑張っていきたいと思っています。
 さて、芯体操の今年の行事予定は、先月号でお知らせいたしましたが、3月25日(土)の交流会、6月4日(日)の公民館祭は例年どおりですが、久々に8月6日(日)『骨髄バンク登録推進運動』ふれ愛こんさ―と「命のつどい」に出演いたします。実は、よみうりの舞台が無くなった一五年に八幡市の文化祭だけでもとがんばって振付けた作品、「風に立つライオン」を再演いたします。京都人にとってはとても懐かしい京都会館が現在、「ロ―ムシアター京都」としてリニュ―アルオ―プンしました。この場所で再演できますことは、とても嬉しいことなのです。平安神宮・京都市美術館・近代美術館・京都市動物園などが集まったこの岡崎界隈は、観光スポットとしても人気のある地です。そんな場所で踊れますことは凄く幸せであり、楽しみでもあります。「風に立つライオン」はアフリカ・ケニアで国際医療に従事した実在の医師を描いた、さだまさしさんの原作を大沢たかおさん主演で映画化された話題作です。私は、さだまさしさんの歌に惹かれて、直ぐにダンスで表現したいと思ったのが始まりでした。それから、本を読み、映画も見ましたが、このテーマ曲が好きです。ライオンの舞台を見て頂けなかった方も、もう一度見たい方も是非、お誘い合わせて見にきてくださいね!
そして、12月17日(日)は「芯体操一五周年記念パ―ティ―」を開催いたします。これはぜひ、会員の方全員に来ていただきたいと思うほど、素敵な空間づくりを目指しています。まもなく、人数把握のためのお申し込みを受け付けますので各担当インストラクタ―までお申し込みください。
「こっそり教えちゃいますネ!」・・・飲物はフリ―ドリンク!お食事もお楽しみに!(ホテルの飲物は、とてもお高いです)

このページの先頭へもどる

芯体操貯金のお蔭です!

 10年程前、心労が積み重なり体調を崩してしまい、痛みや不眠に悩んでいた時に、津田先生と出会いました。最初は、痛みもあり身体は重く、思うように動かせませんでした。痛みも中々なくならず、不安で一杯でした。それでも丁寧に指導して頂いたり、励まして頂いたり、マッサージして頂いたお蔭で、少しずつ身体や感じ方が変わってきました。身体を少し触って頂くだけで身体がゴムのように伸び気持ち良く、手足をつなぐと軽くなることなどが解り、痛みも和らぎ楽になります。痛みがある時には、家でもゴム体操やストレッチやマッサージをすると楽になることも解り、生活の中にも芯体操が入ってきました。そして今は痛みも無く、続けてきて良かったと感謝の気持ちで一杯です。 ところが昨年末にも心労で食欲が無くなり体調不良になり、10日間入院しました。退院の頃にはげっそり痩せこけ、皮膚はたるみ瞼も下がり別人のようになりました。先生からお電話を頂いたことで元気がでてきて、早くゴムのような弾力のある筋肉を取り戻したいという気持ちになりました。芯体操で学んだことを想い出しながら、自分で出来ることからやり始めたので、身体はどんどん回復し元の身体に戻りました、もしも芯体操を知らなければ、歩くことも儘ならず、10年前の状態に逆戻りしていたでしょう。
 10年間の芯体操貯金があったお蔭で、健康を取り戻すことが出来たと思いました。本当にありがとうございました。

木幡教室  A・K

このページの先頭へもどる

 

このページの先頭へもどる

 

このページの先頭へもどる