津田美智代の芯体操 Shin Experiences

芯体操だより

HOME > 芯体操だより > 2019年3月号

  • HOME
  • 芯体操とは
  • 芯体操だより
  • 体験談
  • ギャラリー
  • 各教室情報

2019年3月号

拝啓 すべてのあなたに 「自分のために生きていいんだよ」
                     芯体操代表 津田美智子

 毎日のレッスンは私にとって最高の潤滑油です。からだと極限まで向き合ってきた結果、なくてはならない唯一無二の時間です。自分が生きるために考案し続けてきた運動の数々は、この世に生きる人間にとって必要欠くべからざる健康であるための条件であると確信しています。
 例えば、「からだが硬い」「瞬発力が弱い」「リズム感がない」「呼吸法がわからない」、「脳とからだのつながりがわるい」「エネルギーが湧かない」「からだの不調」「しびれや痛みがある」等々、心当たることがあれば「芯体操」を始めてほしいな!
 私は、レッスンの為にほとんど毎日、車に乗っています。大きめの車なので、駐車場の狭いところには入り辛いですが、大好きな車です。自分の部屋でくつろいでいるような気分になれ、からだとも向き合える空間です。車も自分のからだもその日の状態がとてもよくわかります。体調が良いと、アクセルを踏むタッチがとてもソフトで、なめらかです。加速していくと音も静かで心地よく運転できます。一瞬で車内の空間が、自分の世界になります。
 そんな日は、お教室に入った時から、みなさんと共に楽しい空間が生まれるのです。お教室には色々な思い、色々なからだの状態で集いますが、朝から気にかかるところがあったり、からだが直ぐにはレッスンについて行けなかったりすることもあるでしょう。特に、二人組になったりすることで、「相手に迷惑をかけるのではないか・・・」お互いが一生懸命になればなるほど気を使ってしまうこともあるかもしれません。
 自分と向き合える大切な時間です。分からなくても、うまく動けなくても構わないのです。集中してひたすら取り組むことが、一番のストレス解消法です。そのうちにふっと同じ感覚が持てたら気持ちの良い感覚をお互いに感じ取ったりしてとても嬉しくなることもあるのです。焦ったり、困ったり、笑いあったり、そんな自分の居場所があればいいなと思っています。
 まずは、自分のために生きてみましょう!正座ができなかったり、うまく歩けなかったり、病気と闘っているときも、まずは、こころとからだのバランスをとってみること、それが、芯体操の「芯を通す」という目標なのだから、あれこれ考える前に、こつこつと向き合ってほしいのです。自分のためにやることがある!それが今、一番大切なことなのです。
 今はね、「自分のために生きていいんだよ」
 私は、自分と向き合うしか生きる術(すべ)がなかったので、それを周りの人は願ってくれたから・・・私が笑える日を待っていてくれたから・・・すべての人に感謝の気持ちと笑顔を返すことができるようになりました。
 そんな私も、みんなも、あなたを、応援しているし待っています。
 

このページの先頭へもどる

このページの先頭へもどる

大転子を意識してウォーキング         経広 順子

「芯体操だより」2月号で掲載されていた大転子の場所を勉強会のときに教えて頂きました。
 股関節の横あたりで足を動かすとくりくりと動く少し出ている骨(大転子)がしっかりと動いている事を意識して歩いてみました。
 股関節が良く開き、お腹もお尻も締まり、背筋が伸び、肩甲骨も動いて踵から気持ちよく着地でき、歩幅も広くなり、スピードのある歩き方になりました。もうすぐ暖かくなり、ウォーキングにはちょうどいい季節が来ます。
 大転子を意識!して愉しく歩きましょう。

 
このページの先頭へもどる

『身体って不思議』              岸上 裕子

妊娠中期の健診で、妊娠糖尿病と診断されました。血糖値が空腹時の正常値(80〜92)からプラス1大きい93ということでの診断です。医師は数値を見て診断し、その後受けた栄養指導で、栄養士からは正常値のプラス1ということに、『プラス1だけなのにね…、かわいそうにね…』と言われました。診断を受けて、一週間、血糖値を朝食前と各食後二時間後の計四回を測ることになりましたが、結果、一週間の血糖値は正常値の範囲内だったので、『今まで通りの食事で大丈夫です。このまま様子をみましょう』という医師の言葉でした。これ以来、自分の身体だけでなく、お腹の子への影響があることを常に考えている自分がいます。まさしく『病は気から』という感じで、私自身が気持ちをマイナス方向にしてしまっている感じでした。
 だけど、芯体操へ行って体操をすることで、その気分が変わるのです。すごくいい気持ちになり、自然と笑顔になれるのです。身体も軽くなり、『よし、これならいける』『大丈夫だ』と思えるようになるのが本当に不思議です。自分にとって先生や生徒さんと一緒に体操することがこんなにも大事なのかと再確認しました。妊娠八ヶ月で、仕事も産休に入り、お腹の子がポコポコと、時にはゴロンと大きく動くことに自然と笑みが浮かんでいます。これからも不安はつきないですが、いろいろな人たちに温かく見守ってもらえていることを大事にして、妊娠生活をもっともっとエンジョイしていこうと思っています。

 
このページの先頭へもどる

編集後記                   KOJI

先生のお誘いに二つ返事で同行。パーティでお馴染、私のお気に入りのハイアットリージェンシーHへ…。レッスン後のプチ贅沢を愉みました。
 紅茶コーディネーターでもある先生に聞きながら茶葉を選び、運ばれて来るまでのワクワク感はたまりません。飲み物、全種類を制覇できませんでしたが丁寧なおもてなしに大満足!でした。

このページの先頭へもどる