津田美智代の芯体操 Shin Experiences

芯体操だより

HOME > 芯体操だより > 2019年8月号

  • HOME
  • 芯体操とは
  • 芯体操だより
  • 体験談
  • ギャラリー
  • 各教室情報

2019年8月号

健康なからだと食べものの関係
                     芯体操代表 津田美智子

 ブログ(芯体操日記)ではお話していますが、2週間に1回、有機野菜を取り寄せています。始めたのは、昨年の9月からですので、もうすぐ1年になります。みなさまの中には、お家で作られている方も多いと思いますが、私などは、スーパーで、なるべく選んではいても、なかなか手に入る状況ではなかったのでこの1年本当に色々な発見や、喜びがありました。多彩な農家さんとの提携により、安全な野菜を届けて下さることは、とても有り難いことであり、感じること、発見すること、学ぶことなど実りの多い日々を過ごせることに感謝しています。
 見たこともなかった野菜に出会うこと、味付けが殆どいらないこと、新しい料理法など、教えて下さり、宅配される日が待ち遠しいぐらいです。一番変わったことは、野菜そのものの味を楽しめること、必ず生でポリポリ、味見をすると甘みがあり、それだけで美味しいので、ドレッシングを買わなくなりました。ほとんど、オリーブオイル少しと、お塩を少し、パラパラって感じです。自家製のお味噌などの方法もあります。 今まで芯体操では、お食事については、アドバイスしてこなかったのですが、健全なからだになると自然に良いものを選ぶようになるからと、言い続けてきましたし、確かに、敏感にはなるのですが、普通にスーパーで買い物をしていたら、選択肢が限られていることに気が付きました。与えられているだけでは進化できない、求めることの大切さも知りました。農薬などの、いわゆる毒をからだに入れることの怖さも知りました。化学薬品は、短期間で野菜を大きく育てるために使われています。虫もつかない状態ですから・・・でも送ってくる野菜は決して虫だらけではありません。生産者の方が愛情込めて大事に育てて下さっているのが伝わってきます。とてもエネルギーのある野菜たちです。
 また日本は、食料自給率が低い国ですので、輸入の農産物がなければ、食料確保がままならない状態です。これは有機の分野でも同じで、特に国内で作る有機加工食品の原料となる穀物や野菜は、輸入有機農産物を使っているものが多くあります。そのため、海外からの輸入有機農産物をJAS有機農産物として取り扱うための認証が必要です。それには、現地の有機認証制度の基準と規格、そして、その運用をしている制度が日本と同等の水準であることが決められています。
 私たちが、何気なく買っているものが、どういうものであるかという認識を持つことも大切なことですね。「健康なからだと食べものの関係」も芯体操のなかでも取り上げながら、からだと向き合っていきたいと思うこの頃です 

このページの先頭へもどる

このページの先頭へもどる

学び                     須藤由香

 最近レッスンを受けていて初めて津田先生のダンスを見たときのことを思い出しました。その時は、芯体操を始めたばかりでしたので、何も理解できてなかったのですが、軽快なステップが『雲の上』で踊られているような不思議な感覚でした。それからも津田先生のダンスや歩く姿を見るたびに感じていた『雲の上』
 最近のレッスンで、そのことを思い出し、足の爪先から頭のてっぺんまで繋ぐという言葉がすんなりと心に降りてきました。過去に分からなかったことが、最近のレッスンで自分なりの理解を得たことは、継続の学びのおかげだと有り難く思います。そのような身体づかいが、いつかできるように学んでいきたいです。 

 
このページの先頭へもどる

お手玉                     経広順子

 遊びに来ていた6才(小1)の孫娘が、転がっていたお手玉を頭の上に乗せて歩いたり、玉入れみたいにかごの中に入れて楽しそうに遊び始めました。
 芯体操の一人お手玉の右投げを教えてみると、物凄い集中力でマスターし、左投げも出来るようになりました。次に2人組お手玉にもチャレンジさせてみると、イライラしながらも何度も何度も挑戦し出来るようになったのです!普段の玩具にないたのしみ方と喜びがあったのだと思います。
 「ばぁば、私のお手玉も作ってね」と帰っていきました。お嫁さんも、お手玉に興味をもち親子で楽しんでいる姿は微笑ましかったです。
 遊びの中でリズム感、集中力を養ってくれるといいなと思いながら、只今お手玉を作っています。

 
このページの先頭へもどる

鼻と味覚と身体                大石百合子

 朝から暑い日が多い今、コップ1杯のお茶か水から始まります。その時に、鼻が通っていると味がハッキリ分かり、喉もスーッと通り、美味しく飲むことができます。ところが、鼻が詰まっていると、何を飲んでも何も感じず味わいがありません。
 そんな時に必要なことが身体の伸び! グーっと両手を伸ばし鼻から息を吸い込んで、芯体操の身体使いを意識してみます。『鼻から吸って、ゆっくり口から吐くのよ〜。』と津田先生の声が聞こえてきそうです。伸びられると、朝の1杯がオシャレな1杯となり美味しさを感じます。

 
このページの先頭へもどる

夏こそ芯体操!                かんばやし

 大きな足裏でしっかり大地を感じ立ち、エネルギーが身体中を流れるように巡り、滑らかで軽い身体になりたいですね!身体も感覚も感性も磨かなければ増々衰えます。芯体操をした後は、爽やかな風が身体の中を通るようです!

このページの先頭へもどる